宅建主任者が答える、失敗しない賃貸契約のための知識集です。

宅建主任者が答える!!不動産取引のよくある疑問

不動産取引というのは、実に複雑怪奇です。何せこの世にあるものの中で最も価格の高い商品なのですから、そこにはたくさんのルールがあるのは当然のことです。ちょっとしたことで大きな損害を被ってしまうことも珍しくないので、プロであっても慎重にならざるを得ません。

ところで、不動産のプロと言えば、不動産業者?ではなく宅建主任者です。宅建主任者というのは国家資格で、不動産取引を自分の行為によって行うことができる資格を持った人です。逆に考えると、宅建主任者の資格を持っていない人が勝手に不動産業をすることはできません。国民の生命と財産に関わるところに国家資格があるのですから、医師や弁護士などと同じように、とても大切な仕事です。

このサイトでは、現役の宅建主任者が不動産取引のあらゆる疑問にお答えしています。とかく不動産に関する情報というのは玉石混交で、中にはいい加減なものも少なくありません。そんな間違った情報を信じてしまったために損害を被ってしまったとなると、もう取り返しがつきません。そうならないためにも、不動産(特に賃貸契約)において知っておきたいことをシーン別に解説しています。

宅建主任者が答える!!不動産取引のよくある疑問

物件探し〜契約前まで

入居前までにも、注意点はあります。

入居後〜退去時まで

入居してからも注意したいことはあります。

  • 物件探し〜契約前まで
    • 不動産広告の徒歩1分って、何m?
    • 自分の不動産を自分で貸すのはOK?
    • 手付金って必ず入れないとダメなの?
    • 宅建主任者って何をしている人?
    • 大家さんと直接契約したらダメ?
    • 入居費用が安くなる時期ってあるの?
    • 1階に住むメリットって?
  • 入居後〜退去時まで
    • 敷金・礼金・権利金、どれも返してもらえないの?
    • 礼金ゼロを探しているのに、礼金アリばかり勧めるのはなぜ?
    • 退去時の原状回復義務って、どこまで?
    • エアコンの設置跡、誰が負担するの?
    • 楽器は鳴らさなければ、持ち込みOK?
    • 半同棲って契約上何か問題あるの?
    • 賃貸で毎日幽霊が出るんだけど、どうしたらいい?
Copyright(C) 2011 - 宅建主任者が答える!!不動産取引のよくある疑問 - All Rights Reserved.